« 地震と釣魚 | トップページ | 釣人の携帯 »

靄、雷、雹・・・そして虹

今まで何度も渓流へと足を運んでいますが、これだけ多くの空模様に遭遇したのは初めての事です。

幻想的で美しく、そして恐ろしい一日でした。


まずは早朝の本流。

朝靄(モヤ)に包まれていて大物でも現れそうな幻想的雰囲気です。

まぁ、そう簡単に大物は釣れず大型らしき(?)ヤマメのバイトのみで終了。


日が昇るとかなり暑く、夏の様です。

青空の中、涼しい支流での釣行へと切り替えました。

すると今度は突然の雷雨。

08070506

激しい稲光と強い雨。

渓流は増水し沢からは茶色い水が流れ込みます。

雹(ヒョウ)まで降ってきました・・・

08070502

急いで山を登り退渓。

川を見下ろしてみると、すっかり変わり果てていました。

そして、前方には大きく美しい虹が登場・・・。

08070501

僅かな時間でこれだけの空の変化を見たのは初めて。

釣りをしているとしばしば大自然の力を思い知らされます。

今回もそんな釣りの一日でした。


詳細な釣行記はこちらへ・・・「BFF」

|

« 地震と釣魚 | トップページ | 釣人の携帯 »

釣り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83289/41758124

この記事へのトラックバック一覧です: 靄、雷、雹・・・そして虹:

« 地震と釣魚 | トップページ | 釣人の携帯 »