釣り

2010山梨解禁

3月1日。多くの渓流が解禁を迎えました。

当日は暖かく、前日までの雨で水量も濁り具合も良さそうな感じなのですが・・・

10030101

アレっ・・・というくらい反応がありません。

10030103

どうにかヤマメをキャッチ。
こうなったら足で釣果を稼ぐしかないと思い3河川を釣り歩きます。

午後になってやっと10尾を超えツ抜け。
その後アマゴも混じりだし数釣りはそこそこ楽しめました。

何だか解禁らしさの薄い解禁日でした。

詳細な釣行記はこちらへ・・・「BFF」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009山梨解禁

長野の解禁に続いて山梨も解禁!

今年は桂川本流から開始しました。

09030104

人気河川の桂川も下流は釣人が少ないです。

魚も少ない(?)のか、思っていたほどの釣果は望めませんでした。

09030102

終盤、大き目の淵で良型魚(ヤマメ?)のチェイス。

残念ながらHITしませんでしたが、釣りを盛り上げてくれました。

本格的な渓流シーズン開幕。

週末が忙しくなりそうです・・・


詳細な釣行記はこちらへ・・・「BFF」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009長野解禁

待ちにまった長野の渓流解禁です。

今年は昨年の様な雪も無く暖かな長野。

前日は佐久・南佐久地区の川を視察。どの川も残雪は殆どみられませんでした。

09021607
相木川

09021606
抜井川

09021602
湯川

09021604
湯川

09021605

当日は2月の長野とは思えぬ暖かさで快適な解禁釣行が楽しめました。
午前中だけで十分楽しめたので釣りはお昼で終了。

2009年の渓流釣行、良いスタートが切れました。

詳細な釣行記はこちらへ・・・「BFF」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カワハギ釣行

夏真っ盛り・・・のハズなんですが、このところ梅雨の様に雨ばかり降って肌寒い日が続いています。

今年は早くもカワハギが好調と聞こえてきたので、天気が悪い中カワハギ釣行に行って来ました。


このカワハギ、何が面白いかというと簡単には針掛かりしない。

感度の良い最新のカワハギ竿にPEラインという装備をしているにも関わらず、

全く気が付かないうちにエサだけ取られていることも多々あります。


如何にアタリをとって上手く掛けるかという繊細で奥深い要素があるのです。

と、言っても釣り自体はシンプルなので誰でも手軽に楽しむ事ができます。

エサがアサリというのも嬉しいです。(ゴカイやイソメなどに比べ・・・)

08082401

刻々と変化する状況を素早く捉え、如何に対応するかで釣果に歴然と差がでるカワハギ。

今日は渋かったな・・・
なんて思っても竿頭は数十枚という圧倒的な釣果だったりする事も。

注意して見ていると、難しい時間帯でも上級者はコンスタントに釣り続けているのです。


どんな釣りも奥が深くて面白いものですね。


詳細な釣行記はこちらへ・・・「BFF」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

真夏のワカサギ

ワカサギ釣りというと多くの人が真冬の釣りをイメージするのではないでしょうか?

凍った湖に穴を開け、糸を垂らす・・・

私もそう思っていた一人でしたが、昨年の夏にそのイメージは吹き飛びました。

そして、今年も夏のワカサギに挑戦!

08081306_3

最近はワカサギの群れが固まっていない様で予想以上に苦戦。

それでも群れに遭遇するとズラリとワカサギが並びます。

08081303

今回は船外機搭載のエンジンボートと魚探搭載、更に経験豊富な船長乗船といった最強装備。

多くのボートがアンカーを打って群れの回遊待ちをする中で、群れを追って走り回る積極的な釣りでした。

まさにゲームフィッシングです。


詳細な釣行記はこちらへ・・・「BFF」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

信州の川

お盆に軽井沢へ行きました。

日中は気温も上がりますが湿気が少ないからか、カラッとしていてあまり暑く感じません。

夜には気温が20℃を下回り快適に眠れます・・・

が、そんな快眠を放棄して川へと向かいました。

08080904

夏の涼しい渓流でヤマメ・イワナ釣りに没頭。

釣りってのはなんて素晴らしい趣味なんだろうと、つくづく実感。

なんて、自然に溶け込んだのも束の間。

気が付くと道路は引切り無しに車が走り、大勢の観光客が歩いています。

現実に引き戻されたあたりで釣行を終了。

短時間でしたが良型の魚達に会えました。

08081001

翌日は長野に帰省していた釣り仲間と合流。

既知の川と未知の川を織り交ぜての釣行でした。

初めて入る川やポイントは本当に楽しい。

次の曲がり角の先がどうなっているのか気になってどんどんと進んでしまいます。

これで釣果も伴えば最高なのですが、そう簡単にはいきませんでした・・・

08080905

詳細な釣行記はこちらへ・・・「BFF」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

靄、雷、雹・・・そして虹

今まで何度も渓流へと足を運んでいますが、これだけ多くの空模様に遭遇したのは初めての事です。

幻想的で美しく、そして恐ろしい一日でした。


まずは早朝の本流。

朝靄(モヤ)に包まれていて大物でも現れそうな幻想的雰囲気です。

まぁ、そう簡単に大物は釣れず大型らしき(?)ヤマメのバイトのみで終了。


日が昇るとかなり暑く、夏の様です。

青空の中、涼しい支流での釣行へと切り替えました。

すると今度は突然の雷雨。

08070506

激しい稲光と強い雨。

渓流は増水し沢からは茶色い水が流れ込みます。

雹(ヒョウ)まで降ってきました・・・

08070502

急いで山を登り退渓。

川を見下ろしてみると、すっかり変わり果てていました。

そして、前方には大きく美しい虹が登場・・・。

08070501

僅かな時間でこれだけの空の変化を見たのは初めて。

釣りをしているとしばしば大自然の力を思い知らされます。

今回もそんな釣りの一日でした。


詳細な釣行記はこちらへ・・・「BFF」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地震と釣魚

先日、栃木での釣行の最中に岩手で大地震(岩手宮城内陸地震)がありました。

地震速報を携帯で受け取る様に設定してあったので、釣行中にメールを受信。

ここ栃木でも震度4との事。

不覚にも全く地震に気付かずに釣りをしていた訳ですが・・・


08061407


この日は天気も良く好調なスタートだったのですが突然、魚の反応が無くなりました。

デジカメに残った釣果画像の時刻で確認すると、最初は10分1尾のペースで釣れ続いていたのですが、

地震の発生する少し前から全く釣れなくなってました。

その後の数時間は魚が殆ど反応をしません・・・

すっかり鈍感になった人間とは異なり、魚は察していたのかもしれません。

急に釣れなくなった時は・・・何かの前触れなんて事もあるかもしれませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

湿原の川鱒

奥日光を流れる湯川でブルックトラウトを釣りました。

梅雨の真っ只中ですが、天候にも恵まれ快適な日です。

08061405

独特なブルックの模様。

イワナの仲間だけあって、普段は物陰にヒッソリと隠れています。

突然、ルアーへ飛び出すアグレッシブさはイワナそのもの。

08061406

標高の高い奥日光も遅い春を迎え、新緑に包まれていました。

景色も魚も綺麗で、気持ちの良い釣行となりました。

詳細な釣行記はこちらへ・・・「BFF」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ナマズ日和

今年はちょっと出遅れてのナマズ釣行。

昨年の台風で大きく変わってしまった多摩川。ポイントも再開拓です・・・

普段のポイントより上流から開始。

藪を抜けると予想以上に良い瀬に出る事ができました。


久しぶりのナマズのTOPルアーへのバイト・・・やっぱ楽しいです。

ナマズの反応も良く、開拓はまずまず成功。

080607

バイトとヒットは多数あったのですが、残念ながらキャッチは1尾でした。

詳細な釣行記はこちらへ・・・「BFF」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

お知らせ | アイテム | レポート | 独り言 | 釣り